石野真子 2度の離婚の末に得た安定の“母親役女優”

安定感で出演急増 石野真子が手にした“母親役女優”の称号

「スタ誕」合格から丸40年、女優・石野真子(56)がノリに乗っている。“登板”の機会が急増しているのだ。

 たとえば、ドラマ。放送中の西内まりや(23)主演「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系、月曜21時)では主人公の母親役を演じているが、昨年は福士蒼汰(23)主演の「お迎えデス。」(日本テレビ系)、次の4月期クールでも「ボク、運命の人です。」(日テレ系)と「ファイナルファンタジーXⅣ 光のお父さん」(TBS系)の2本の連ドラで、母親役を“掛け持ち”する。

 今月25日公開の映画「グッバイエレジー」(三村順一監督)では、吉田栄作(48)と夫婦役。16日の完成披露試写会では、「憧れの石野真子さんから(劇中で)『子供が欲しい』と言われて、大変うれしかったです」と話を向けられると、デビュー当時のキャッチフレーズを彷彿とさせる“100万ドルの微笑”でニッコリ。「若い時の2人のシーンもあったりして恥ずかしかったですね。今より20歳くらい若い設定なので笑っちゃうでしょう? 皆さん、温かい目で見てください」と語りかけ、会場に集まった観客を和ませていた。

 あちこちでキャスティングされるのは、高い演技力はもちろん、自然体でいい年のとり方をしているから。無理に若作りしないあたりが、勘違いした美魔女とは違う。

■80年代デビュー組の魅力

 元日本テレビのプロデューサーで、現在は「めざましどようび」などを手がける村上和彦氏が言う。

「彼女は制作陣が求めていることを熟知しているし、それを表現することもできる。平たく言えば、安定感があるんです。これは堀ちえみ、井森美幸、森口博子、島崎和歌子といった80年代デビュー組にも共通しますね。みんな自分の役回りを理解しています。しかも、業界歴が長いので、世間の人々からも認知されている。一定のキャラクターを確立した強みがあるのです。特に、彼女たちの若い頃を知る40~50代は、人生をともに歩んできたという親しみから、応援したいという気持ちが湧く。これは大きいと思います」

 プライベートでは長渕剛を含めて2度の結婚と離婚のほか、相手の妻公認の不倫劇で世間を騒がせたことも。私生活のほうは安定感にかけるが、そこもまた多くの人に「応援したい」と思わせる魅力なのかもしれない。

(以上記事引用)

「百万ドルの微笑」八重歯アイドル石野真子(いしのまこ)56歳
MW-W93-0305.jpg
画像元


1981年に芸能界を一時引退、長渕剛と結婚


2年後の1983年には長渕と離婚し芸能界へ復帰
1990年には俳優の広岡瞬と再婚、この時は芸能活動を続行



しかし6年後の1996年には2度目の離婚、現在は独身

近年は歌手活動に加え“母親役女優”として安定の地を得た石野真子。
2度の離婚経験というそのギャップがまた受けているのかもしれない。


この記事へのコメント