菅田将暉ブームに反して見飽きられる恐れ!?

成宮寛貴の引退で加速…菅田将暉に“露出激増”の落とし穴

 何と昨年1年で9本の映画、2本の連続ドラマ、7本のCMに出演。しかもどの作品でも重要な役柄を演じて、文句なしの“ナンバーワン・ブレーク俳優”となったのは菅田将暉だ。この勢いのまま、今年もNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で井伊直政役をはじめ、この28日公開予定の「キセキ―あの日のソビト―」で松坂桃李とダブル主演、4月公開予定の「帝一の國」で初の単独主演など、すでに4本の映画が公開予定という超売れっ子だ。

「“カメレオン俳優”と異名を取るほど、次から次にいろんな役柄を演じ分けるのが菅田の魅力。チャラい若者から、バイオレンス、ラブコメまで、どんな役にもハマってしまう。おまけに今年は時代劇です。どの役を演じても真剣に取り組むので、キャスティング段階から引っ張りダコです」(映画関係者)

 とにかく演技の“本気ぶり”については、すでに多くの武勇伝がある。月9ドラマ「ラヴソング」では主役の福山雅治が菅田の迫真の演技を見て「怖い」と評したほど。昨年公開されたバイオレンス映画「ディストラクション・ベイビーズ」では小松菜奈に本気のビンタを食らわせた。映画「溺れるナイフ」では役柄になりきるため徹底的に減量したほどである。

「宣伝でバラエティー番組に出演しても存在感を発揮。明石家さんまの番組に出た時には、さんまのために何日もかけて作ったスカジャンをプレゼントするなど、バラエティーでも全力投球です。GReeeeNのライブで彼らの歌を熱唱してもサマになる。今年も菅田将暉ブームは続くと思う」(テレビ関係者)

 当分は菅田の天下が続きそうだが、しかし、それが落とし穴になるという意見もある。

「同じ事務所の成宮寛貴の引退で、事務所の菅田プッシュはますます続き、今後はさらに露出が増えるはず。でもそれも考えもので、最近では“またコイツか”という声も聞かれる。まだ代表作と呼べるものがあるわけでもないのに飽きられると、急激に露出が減るのがこの世界の常。今年は数より質を選ぶべきでしょう」(芸能ライター)

 いつまでもauの三太郎CMの「鬼」ではいけない。


(以上記事引用)

今年も引き続き大忙しの菅田 将暉(すだ まさき)23歳
header.jpg
画像元


「“またコイツか”という声も聞かれる」ようだが、
どこぞのゴリ押しプロモーションのような
ロクな演技も出来ない女優たちを見させられることに比べたら寧ろ
よく毎回こんなに違ったキャラを演じられるものだと
感心して良いくらいだと思うのだが。
キムタクのようにどの役でも「キムタク」になるのとは違う訳であるし。

「まだ代表作と呼べるものがあるわけでもない」のに露出過多とのことだが
近いうちに代表作が出てきてもおかしくないほどの実力はあるのではないだろうか。
時間の問題のような気もするが。

どうか一発屋芸人のように消えてしまわないことを祈りたい。







外部リンク ⇨「さんまのまんま」菅田将暉が手作りスカジャンを持参

関連記事 ⇨期間限定!菅田将暉が歌う「見たこともない景色」フルバージョン配信中!
     ⇨成宮の穴埋めは菅田と松坂!?

この記事へのコメント